こちらに共通ヘッダが追加されます。

在学生の方

文化情報学研究科学生の研究成果発表に対する補助について

1.目的
文化情報学研究科に在籍する学生に対し、自らの研究成果を積極的に外部で発表する機会を提供し、研究成果発表の経験を積むことにより、標準修業年限内での学位取得の促進を図ることを目的とし、そのための費用補助に関する必要な事項を定める。

 

2.申請資格

補助の申請ができる者は、文化情報学研究科に在籍する学生(休学者はのぞく)で、指導教員の承認のもと下記の活動を行う者とする。

(1)国内外の学会(または学会等が主催する研究会、以下、研究会)で自らの研究発表を行う者
(2)単著又は共著(代表者又は主たる執筆者に限るが、筆頭著者でなくとも可とする。)により、国際的又は全国的に高い水準にある学術・学会誌へ投稿し、掲載が完了又は見込まれる者

 

3.補助内容
学内外の他の助成を受ける場合や大学の他の経費などで全額もしくは一部支払われる場合は補助の対象としない。

(1)学会・研究会における研究発表に係る旅費(交通費、宿泊費)および参加費

■交通費
下記の①②を上限とし、同志社大学の旅費交通費取扱要領等の規程にしたがう。
①国内発表1件あたり 10万円
②海外発表1件あたり 15万円(東/東南アジア)

②海外発表1件あたり 20万円(中央/南/西アジア,オセアニア,ハワイ)

②海外発表1件あたり 25万円(北米,欧州)

②海外発表1件あたり 30万円(南米,アフリカ,その他)

■宿泊費
学会・研究会の開催期間中、申請者が「発表を行う日」を基点に、本学「旅費規程」が対象とする宿泊について実費を支給する。ただし、1件の申請につき2泊までとし、1泊の補助額は13,000円を上限とする。また、共同で発表する場合はいずれか1名のみを補助対象とする。

 

■参加費
学会・研究会等の参加費は、1件につき1万円を上限に実費を補助対象とする。

 

(2)雑誌掲載論文に対する印刷費、別刷代金
1論文あたり10万円を上限とし、共著の場合はいずれか1名のみ補助対象とする。
直接出版にかかる組版代、製版代、刷版代、印刷代、用紙代及び製本代に限るものとし、付帯経費(校正料、通信費、交通費など)は補助の対象としない。

 

4.補助回数
学生1人が同一年度に補助をうけることができるのは下記のいずれか2つ以内とする。回数等は申請の年度ではなく、実際に活動がなされる年度で扱うものとする。
(注)「①1回&②1回&③1回」のような組合せは不可。
①国内発表 博士課程(前期課程)は2回、博士課程(後期課程)は3回
②海外発表 1回
③雑誌掲載論文に対する印刷費、別刷代金 2回

 

5.申請手続

申請書(※当研究科所定様式)に必要事項を記入し、指導教員の承認(署名・捺印)を得た上で、必ず本人が、 下記の書類を添えて文化情報学研究科事務室に提出する。(代理による提出は認めない。)
なお、申請(日)と申請事由の発生日は同一年度を原則とし、事後の申請は一切受け付けない。

 

〔提出書類〕

(1)学会・研究会における研究発表に係る旅費(交通費、宿泊費)
①「文化情報学研究科学生の研究成果発表についての補助」申請書(※本研究科所定様式)⇒ダウンロード
②「出張申請書」(※本学所定様式)⇒ダウンロード

③申請者の発表が証明できる書類。
(申請者の名前が記載されている学会・研究会のプログラムなど。国際会議の場合でプログラムが発表されていない場合はオーガナイザが発行するacceptance notificationでも可とし、プログラムは事後に提出する。)
④宿泊費に関する領収書
⑤航空機利用の場合は、航空費の領収書と便名が記載された書類
⑥ 参加費の領収書(参加費を明記したもののみ)
※①は、必ず事前(出発日前)に提出する。

※②~⑤は、申請時に提出できない場合、事後提出でも可。ただし、支払いも事後となる。
※「請求書」による、振込み払いは不可。

 

(2)雑誌掲載論文に対する印刷費、別刷代金
①「文化情報学研究科学生の研究成果発表についての補助」申請書(※本研究科所定様式)⇒ダウンロード
②経費見積書
③領収書
※①は、必ず事前(雑誌発行日前)に提出する。②③は、申請時に提出できない場合、事後提出でも可。ただし、支払いも事後となる。
※「請求書」による、振込み払いは不可。

 

6.補助の決定
申請にもとづいて文化情報学研究科委員会で審議し、補助の可否および補助額を決定する。補助申請が認められた場合、本補助申請書類とは別に大学で定められた「出張申請書(学外者又は本学学生用)」(※本学所定様式)を提出し手続しなければならない。

 

7.報告の義務
申請者は、補助対象の事項の終了後、ただちに指導教員に報告をし、次の書類を研究科長あてに提出しなければならない。
(1)学会・研究会における研究発表に係る旅費(交通費、宿泊費)
①「出張報告書(学外者又は本学学生用)」(※ダウンロード
②成果および費用の明細を記した報告書
学会・研究会における成果を客観的に示すものがあれば添えること(写しでも可)
(2)雑誌掲載論文に対する印刷費、別抜刷代金
①成果および費用の明細を記した報告書
②請求書または領収書
③印刷物見本 1部(返却を希望する場合は申し出る)

 

8.業績リスト、謝辞への掲載義務
申請が認められ補助をうけた者は、本補助の対象となった研究成果発表を業績として学位論文等に付する業績リストに補助を受けた旨とともに記載しなければならない。
また、発表時に謝辞を掲載する機会があれば、同様に本補助を受けた旨を明記する。
記載は次のとおりとする。
(1)日本語
本研究の一部は、同志社大学大学院文化情報学研究科研究推進補助金によるものである。
(2)英語
This research was partially supported by the Grants-in-Aid for Academic Promotion, Graduate School of Culture and Information Science, Doshisha University.

 

以 上

 

※ 上記に掲げた以外の書類が必要な場合がある。諸手続について、申請前に文化情報学研究科事務室に確認すること。

ページトップへ