こちらに共通ヘッダが追加されます。

文化情報学部3年次生の井上由佳さん,北山達也君,田中弘人君が一般社団法人日本スポーツアナリスト協会が主催する第3回スポーツアナリティクス甲子園にて「最優秀賞」を受賞しました。

第3回スポーツアナリティクス甲子園は「集客施策がJリーグの観客動員数に与える影響」

を 分析することがテーマで、予選では2017年11月18日(土)のJ1全9試合の観客数

を予測するというものです。予選には全国の大学から25チームが参加し、同志社大学文化

情報学 部からはチームKIT(井上由佳さん、北山達也君、田中弘人君)とチームクリスマス

(加藤秀佳君、 松岡航輝君)の2チームが参加し、それぞれ予選2位および予選6位で本選

出場チーム(6チーム)に選出されました。本選では、2017年12月2日(土)のJ1最

終節全9試合の観客数の予測に加えて、分析結果を踏まえた観客動員を増やすための施策の

提案を行い、その適切性、実用性、面白さ、プレゼンテーションの質を評価され、入賞チー

ムが選出されました。その結果、チームKITが最優秀賞(1チーム)に選出されました。

ページトップへ