こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員紹介

統計科学研究室
宿久 洋教授

宿久 洋 教授

プロフィール

1967年福岡県生まれ、九州大学大学院総合理工学研究科修士課程修了後、鹿児島大学理学部に赴任、助手、助教授を務める。2008年より現職。大学時代は抽象数学について研究していたが、実学に近い点に惹かれて統計学の道へ。現在はデータ解析の方法論の研究を行い、多変量データ解析、計算機統計学を専門とする。共著に『関連性データの解析法-多次元尺度構成法とクラスター分析法』(共立出版)などがある。

膨大なデータの海から新事実を導く

世の中にあふれる情報の解析手法を開発

情報化社会の発展によって文字、音声、画像、動画などが世の中にあふれ、膨大なデータが得られるようになりました。皆さんも「ビッグデータ」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? こうした大規模かつ複雑な情報を目的に応じて解析できれば、暮らしやビジネスのさまざまな場面で役立てることができるはずです。

私の研究室で取り組んでいるのは、そうした大容量データの解析手法に関する理論的研究です。既存の手法が適用できない状況下でも解析できる方法論を提案できれば、新たな知見が得られる可能性が広がります。統計科学研究室では、「多変量データ解析」をはじめとするさまざまなデータ解析の方法を研究・開発しています。

学んだ理論を駆使し、
実際の生きたデータを解析

そうした理論的な研究に加えて、実際のデータ解析も実施しています。コンペティションへの参加や企業との共同研究などを通して得られたリアルなデータをもとに、学んだ理論を駆使し、いかに新事実を導くことができるかに挑みます。

扱う実データは主に3種類で、一つはライフログデータやPOSデータ、WEBサイトのアクセスログなどの「マーケティングデータ」。二つ目は「株データ」で、株価だけでなく新聞のテキストデータなどさまざまな指標をもとに分析します。三つ目は「スポーツデータ」です。過去の試合などのデータから、チームの戦力比較や特定の選手の能力分析、フォーメーションの分析などを行います。

データサイエンスに対するニーズの高まり

ゼミ生は、IT、マーケティングやリサーチ系の企業に就職するケースが多いですね。大学院でさらに研究を深め、シンクタンクなどの専門職に就職する学生もいます。金融、流通、製造、自治体などの各分野で、データサイエンスに対する要請は高まる一方です。高校数学にデータ分析が加わったことからも、注目度の高さが伺えます。今後、大規模複雑データの解析方法はますます重要視されるでしょう。あなたも分析能力を鍛えて、データ解析のプロフェッショナルを目指しませんか?

教員一覧へ戻る

ページトップへ