こちらに共通ヘッダが追加されます。

文化情報学研究科とは

いま世界では、多様で異なる文化的・歴史的背景や価値観をもつ人々がいかに共生して行くかが大きな課題となっています。そのためには、それぞれの地域の文化の諸現象、そして人間に対する深い理解が必要です。文化情報学研究科では、人間の精神的・知的活動の表現としての文化にかかわる諸現象を新たな視点で分析、文・理の学問分野を有機的に結合させた学際的な高い水準の教育研究活動を展開することで、時代が求める新たな学問分野を開拓して行きます。

文化情報学研究科設立の意義新たな”知”を創造する文化情報学

学問の進歩発展にともない、学問の領域は細分化されてきました。しかし、こうした細分化は多面的、総合的視野に欠けるという問題も潜在的に含んでおり、近年は、さまざまな領域の知識を融合し、総合的に研究することの必要性が認識されつつあります。同志社大学では、こうした時代の要請に応えるべく、2005年4月、文化情報学部を開設しました。

「文化情報学」―研究対象は、文学、考古学、言語学、美術、音楽、伝統芸能などの文化、そして社会のさまざまな現象です。それを自然科学の分野で用いられている研究手法や分析機器を使い解明して行く新しい学問です。 この「文化情報学」をさらに深化させて、高度な教育研究活動を行う大学院文化情報学研究科を設置することになりました。

文化情報学研究科の役割柔軟な発想を持ちあらゆる分野で活躍できる人材を養成

文化情報学研究科では、広い視野を養い、柔軟な発想力を身につけ、文化に関する新しい研究手法を開発、新たな学問分野を開拓する国際的に活躍できる研究者や社会で生起する諸問題に的確に対処できる高い能力を備えた専門職業人の育成をめざします。 修了後は、学芸機関(博物館、美術館、埋蔵文化財センターなど)、マスコミ関係(出版社、新聞社、テレビ局のほか芸能・芸術のプロデュースなど)、企画調査分野(シンクタンク、コンサルティング会社や各業界の調査・マーケティング・情報分析・広報部門など)、教員、公務員などあらゆる分野への進路が想定されます。

ページトップへ