こちらに共通ヘッダが追加されます。

体験型教養科目

この科目群では、外部からの招聘講師による体験的な講義や実際に現地に出向いての現場体験など、通常の講義では得られない様々な形での体験を通して、広い意味での教養を身に付けることを目的としています。文化体験・企業体験・海外体験など様々な体験型講義が開講されています。合わせて、科学技術や社会・文化に関する最先端の話題についての講義も開講されています。

各界の第一線で活躍する学外講師に学ぶ

伝統文化、現代文化など様々なジャンルの文化について、伝承者を始めとする第一線の講師を招き、実際に「文化に触れる」講義を展開しています。

京都の伝統文化

京都には、演劇・音曲・舞踊をはじめとする伝統芸能がいまも息づいています。また、茶道・華道や京料理・京菓子など、京都ならではの文化も豊かです。これら伝統的な芸能と文化との特質を、その伝承に実際に携わる様々な分野の専門家の話を中心に、多角的・重層的に講義します。

「わざ学」のすすめ

明示的な知の背後にある意識化・言語化されないはたらきとしての「わざ」を理論的、科学的、総合的に解明するための学問としての「わざ学」について講義します。様々な分野で活躍している「わざ」に卓越した講師陣を招聘します。

講師例
  • 畑 正高氏(株式会社松栄堂 社長)
  • 前田 直樹氏(大石天狗堂 代表取締役)
  • 宇髙 竜成氏(金剛流宇髙家 面打師)

企業現場から講師を招聘/企業現場を体験

企業から招聘した講師による講義、企業におけるインターンシップなど大学と企業が恊働する様々な形での講義を企画しています。

データサイエンス教育プログラム〈共同認定〉

同志社大学はSAS社とMOU(Memorandum of Understanding)を締結し、「データサイエンス」教育プログラムを共同認定しています。所定の単位を修得したものは共同認定プログラムの認定書が授与されます。

ICT関連企業提供講座

データドリブンな現場から産み出されるICT関連企業の様々なサービスを基に、課題解決への取組みを交えながら最前線のインターネットテクノロジーを教えます。このことにより、通常の大学の講義では触れることのできないAI、IoTといった企業の取組み事例を学びます。

ICT関連企業提供講座「テーマ例」
  • アナリティクス・ライフサイクル入門演習

「アナリティクス・ライフサイクル」について様々な業界・業務の側面を解説するSAS社の寄附講座です。この講義を通じて「統計分析」「データサイエンス」「アナリティクス」が社会でどのように活用されているかを理解し、具体的なイメージを形成するとともに、今後の学習のモチベーションを高めていきます。

世界で活躍するための広い視野と国際感覚を養う

正課科目としての2週間の短期留学プログラムです。留学経験のない1年次生から海外で研究に挑む意欲のある4年次生まで、文化情報学部生を対象とした3種類のプログラムを用意しています。舞台はアメリカのルイジアナ州とニューヨーク州、ドイツのデュッセルドルフです。グローバルに活躍する将来に向けた第一歩となるでしょう。

ハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ大学(ドイツ)
プログラム名
Project-based Independent Short Program Heinrich Heine University Dusseldorf
対象
2~4年次生

産業およびサービス関連企業の国際ビジネス拠点が多数置かれているデュッセルドルフに位置するハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ大学への短期留学プログラム(2週間あるいは4週間)です。現地で提供されるsummer programに参加するドイツ語の語学研修に加えて、ドイツの文化体験および各自の計画に従ったプロジェクトの進行・資料収集やアンケート調査などを行います。なお、協定大学・学部からの留学生への奨学金として、1名を上限として、プログラム参加費が免除される特典が与えられます。

ニューオリンズ大学(アメリカ)
プログラム名
Doshisha Open Doors Program: Exploring New Orleans Culture
対象
1~3年次生

アメリカ南西部のルイジアナ州最大の都市であるニューオリンズ市に位置するニューオリンズ大学への短期留学です。留学経験のない学生を対象としており、語学研修プログラムに加え、ゲストレクチャーや近隣の文化施設などのフィールドトリップなどを中心とした異文化体験プログラムを実施します。

ハミルトン大学(アメリカ)
プログラム名
Project-based Independent Short Program in Hamilton College
対象
3~4年次生

リベラル・アーツ・カレッジであるハミルトン大学にてプロジェクト型インディペンデントスタディーを実施します。語学研修、アメリカの文化体験および各自の計画に従ったプロジェクトの遂行・資料取集やアンケート調査などを行います。デジタルヒューマニティーズ(知的資源の保存)のワークショップにも参加します。

科学技術や社会・文化などの最先端のトピックスに触れる

日々変化する科学技術や社会・文化などの様々な話題について、学部内外の講師陣が紹介します。

考えることについて考える

認知科学は、哲学・心理学・人類学・人工知能・教育学・言語学・神経科学にまたがる学際領域であり、文化と人間を科学的に理解するための基盤となります。この講義では、人間の思考に焦点を当て、最新の知見を踏まえながら、人間の賢さと愚かさについて様々な観点から考察します。判断や意思決定に関する様々な実験を体験しながら、考えることについて考えましょう。

データサイエンスと現代社会

近年、AIやビックデータなどの情報技術が発展を遂げています。これらの技術は、わたしたちの生活を便利で快適なものにしてきました。たとえば、日々の学習や洋服の購入、コンビニエンスストアでの支払いなど様々な場面で欠かせないものとなっています。この講義の目標は、これらを利用する人々の意識や情報技術が普及する社会のありようを理解することです。最新の研究を紹介しながら、現代社会について考察します。

充実の学びサポート

01アドバイザークラス

教員一人あたり約10人の学生を担当

一人ひとりの学生の学業や学生生活、就職などをサポートするため、「アドバイザークラス」を設置。1クラス(10名程度)を一人の教員が担当し、あらゆる相談にのりアドバイスを行います。このクラスは4年間変わらず、時には親睦のための食事会なども開催されるため、教員・学生のつながりも自ずと深まります。

02オフィスアワー

専門的な質問に、教員が直接対応

授業科目や研究分野など、専門的な内容を担当教員に質問・相談したい人のために、週1回の面会時間を設けています。アドバイザークラスの担当教員以外でも相談可能です。1年次から様々な分野の教員と交流することで、自らの知見を広げられます。

03個別相談コーナー

授業の不明点をすぐ質問できる

数学やプログラミング、データサイエンス等の科目に関連する個別相談コーナーを設けています。上記の開室時間は専門スタッフが常駐し、授業で分からなかった箇所や理解しにくかったところ、課題などについて、マンツーマンで質問や相談に応じます。

04オンライン学修相談室

自宅からオンラインで疑問を解消

コロナ禍の状況でも安心して勉強ができるように、自宅から必要なサポートを受けることができる「オンライン学修相談室」を設置しています。講義内容や提出課題だけではなく、オンライン講義に使用するMicrosoftTeamsなどのアプリの使用方法やWord、PowerPointなどのソフトの使い方についてもオンラインで質問することができます。

ページトップへ