こちらに共通ヘッダが追加されます。

就職・進路

GraduatesOB・OG紹介

研究室での多様な実体験が、今の自分を支えています。

就職・進路ストーリー

ソフトバンク株式会社
テクノロジーユニット 技術戦略統括
ビッグデータ戦略室

2017年度卒業

後藤 智紀 さん

2017年度卒業。AIエンジニア・データサイエンティストを目指し文化情報学部に入学。1年次からデータ分析の大会に出場し、ビッグデータ分析コンテストで日本一に輝く。情報技術で人々を幸せにすることを目標に、ソフトバンク株式会社にて新しい技術を提案している。

1年次

未来を牽引していくAI・統計学に興味を持ち、文化情報学部を志望しました。入学後すぐに宿久先生の研究室を訪れ、AIエンジニアやデータサイエンティストになるためにはどうすればよいか尋ねました。先生は突然の訪問にも関わらずキャリア相談や現代日本の状況について話してくださり、その後研究室のゼミにも参加するようになりました。

2年次

文化情報学部では、社会に出た後も実用的に生かせるスキルを身につけることができます。2年次では、卒業研究の決定に繋がる「定量的データ分析演習」の講義を履修しました。私はこの統計学の授業を受けることで、データの分析方法や様々な観点から物事を見る方法を学べました。演習を行いながら得た解析スキルは、位置情報ビッグデータを用いた分析・提案を行う現在の仕事にも直結しています。

3年次

「プログラミング応用」の講義にて、Webアプリを自分の手で一から作成する実践的な演習を行いました。私が作ったのは、実在する飲食店をマップ上で検索・表示できるアプリです。調べるだけでなく、メニュー表の閲覧や予約の完了まで行うことができるように開発しました。私自身、食事に行く際、この自作アプリを使用していました。

4年次

卒業研究ではファッション業界の企業データを用いて、商品の売上予測モデルを構築しました。AIや統計学の力を使ってモデルを作り、全国の店舗で在庫管理を自動化できるシステムを作成。在学中からビジネスに実用できる技術を開発しました。修士論文では、関係性が時間変化する状況を統計モデルで表現。複数の学会で賞をいただくことができました。

就職

ソフトバンク株式会社でAIエンジニア・データサイエンティストとして働いています。主に位置情報ビッグデータを使って商圏・観光分析や都市計画を行い、新たな価値を提案していく仕事です。統計学の力を用いて世の中を変えるとても魅力的な役目を担うことができ、非常にやりがいを感じています。文化情報学部ではAIやビッグデータに関する知識を存分に勉強しました。在学中に吸収したすべてを現在の仕事に生かすことができています。

就職

※2019年取材

過去のインタビュー

ページトップへ