こちらに共通ヘッダが追加されます。

4つのコース

有機的につながりながら、
それぞれの専門性を磨く4コース

「文化資源学」「言語データ科学」「行動データ科学」「データ科学基盤」という4つのキーワードからコースが構成される文化情報学部。これら4分野が連携し、学際的かつ革新的な知の創造をめざします。学生たちは所属するコースで専門知識を身につけながら、多彩な学問領域に触れ、柔軟な発想力を養います。

それぞれの専門性を磨く4コース

文化資源学コース

文化資源を収集し、データ化。数理的手法をはじめとした多彩な分析方法で文化の本質に迫ります。

Read more

言語データ科学コース

日々意識することなく使う「ことば」。「ことば」を分析することで、人間や社会の本質を明らかにします。

Read more

行動データ科学コース

人間の行動や社会生活も文化の一つ。様々な行動科学の理論を文化研究へと応用します。

Read more

データ科学基盤コース

目標はあらゆる課題をデータサイエンスの手法で解決すること。技能の習得から実践利用まで行います。

Read more

ページトップへ