こちらに共通ヘッダが追加されます。

データ科学基盤コース

数理・情報・統計の壁を越えた
最先端のデータ科学研究を展開

データ科学基盤コースでは、あらゆる課題をデータサイエンスの手法を用いて解決するための、数理科学、情報科学、統計科学の基盤的知識および技能を習得します。卒業研究では、それらの知識・技能に基づき、新たな知見の獲得、新たな方法の開発、具体的な課題の解決に取り組みます。

卒業研究テーマ例

  • スマホ学割における消費者属性・広告効果の分析
  • お弁当が好まれる要因について
    -色と材料の観点から-
  • NPB におけるトリプルスリーに必要な要因について
  • 調理動作に基づく料理レシピの難易度計算に関する研究
  • 非計量制約付き主成分分析法の提案

進路イメージ

  • データアナリスト
  • データエンジニア
  • データコンサルタント
  • 数学科教諭
  • 大学院進学

研究対象

  • 数理科学・情報科学・統計化学の諸概念
  • データに関わる諸問題etc.

詳細はこちら

教員紹介

  • 波多野 賢治 教授
  • 川﨑 廣吉 教授
  • 浦部 治一郎 教授
  • 宿久 洋 教授
  • 原 尚幸 准教授
  • 深川 大路 助教
  • 玉谷 充 助教(有期)

ページトップへ