こちらに共通ヘッダが追加されます。

データ科学基盤コース

数理・情報・統計の壁を越えた
最先端のデータ科学研究を展開

データ科学基盤コースでは、あらゆる課題をデータサイエンスの手法を用いて解決するための、数理科学、情報科学、統計科学の基盤的知識および技能を習得します。卒業研究では、それらの知識・技能に基づき、新たな知見の獲得、新たな方法の開発、具体的な課題の解決に取り組みます。

卒業研究テーマ例

  • レビューにおける評価対象語の概念関係を考慮した評価観点自動抽出に関する研究
  • ジャンルごとに頻出するbigramを考慮した古典籍の文字認識
  • Bayesian Elastic Netのスパース性に関する研究
  • 三相三元データに対するラベル情報を反映した次元縮約について
  • たばこをめぐる人口動態の数理モデル

進路イメージ

  • データサイエンティスト
  • AIエンジニア
  • ITコンサルタント
  • 数学科・情報科教諭
  • 大学院進学

研究対象

  • 数理科学・情報科学・統計科学の諸概念
  • データに関わる諸問題etc.

詳細はこちら

教員紹介

  • 波多野 賢治 教授
  • 宿久 洋 教授
  • 深川 大路 助教
  • 岩本 真裕子 准教授
  • 中西 義典 准教授

ページトップへ