こちらに共通ヘッダが追加されます。

行動データ科学コース

人間の行動様式を文化と捉えて分析し、
予測・デザインする

私たちが日常的に行っている何気ないふるまいは、人が長年において蓄積し、受け継いできた文化そのものと捉えることができます。本コースでは、文化や社会のしくみによって規定される人の行動傾向を、定量的なデータに基づいて客観的に記述・モデル化することで、人々の行動を理解したり、デザインするための方法を学びます。

卒業研究テーマ例

  • 漫才対話におけるマルチモーダル情報の動的構造分析
  • 画像が情報の真偽判断に与える影響
    -新型ウィルスのニュースを題材に-
  • キャラクターの色と設定の適合性が画像の再認記憶に及ぼす影響
  • 在日コリアン大学生の行動様式における多様性
    -教育制度を比較して-
  • 企業ロゴの変更による印象変化の評価
    -1980年代と2020年代の比較-

進路イメージ

  • メーカー
  • コンサルタント
  • マスコミ・情報通信
  • 社会科・数学科教諭
  • 大学院進学

研究対象

  • 行動
  • 身体
  • 心理
  • 社会現象
  • パフォーマンスetc.

詳細はこちら

教員紹介

  • 阪田 真己子 准教授
  • 下嶋 篤 教授
  • 杉尾 武志 教授
  • 田口 哲也 教授
  • 鄭 躍軍 教授
  • 飯尾 尊優 准教授

ページトップへ