こちらに共通ヘッダが追加されます。

行動データ科学コース

人間の行動様式を文化と捉えて分析し、
予測・デザインする

私たちが日常的に行っている何気ないふるまいは、人が長年において蓄積し、受け継いできた文化そのものと捉えることができます。本コースでは、文化や社会のしくみによって規定される人の行動傾向を、定量的なデータに基づいて客観的に記述・モデル化することで、人々の行動を理解したり、デザインするための方法を学びます。

卒業研究テーマ例

  • 容器の材質がヨーグルトの味覚評価に及ぼす影響
  • 漫才におけるオープンコミュニケーション
    -参与者としての観客についての考察-
  • すっぴん風メイクの認知に化粧の濃さと自意識の違いが及ぼす影響

進路イメージ

  • メーカー
  • コンサルティング
  • マスコミ・情報通信
  • 社会科・数学科教諭
  • 大学院進学

研究対象

  • パフォーマンス
  • 身体
  • 心理
  • 社会現象
  • 宗教etc.

詳細はこちら

教員紹介

  • 下嶋 篤 教授
  • 杉本 裕二 教授
  • 杉尾 武志 教授
  • 田口 哲也 教授
  • 鄭 躍軍 教授
  • 阪田 真己子 准教授
  • 石岡 学 助教(有期)
  • 大塚 幸生 助教(有期)

ページトップへ