こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員紹介

音声学・音韻論研究室
田中 雄助教

田中 雄 助教

プロフィール

2011年、上智大学大学院言語科学研究科言語学専攻博士前期課程修了。2017年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校言語学研究科博士課程修了。2017年より現職。専門は音声学と音韻論。言語学との出合いは大学4年次のカナダヨーク大学に1年間留学した際に受講した授業がきっかけ。留学中に英語とフランス語の2言語を学んだ経験から、母語の日本語にも複雑な規則があることに気付き、言語学への興味が深まった。

日本語の音の規則性から、人間の言語能力を解明する

複雑な規則性から成る
「音の文法」

私たちが普段話している日本語には複雑な規則性がいくつも存在します。例えば、「たべる」「よむ」という動詞を過去形にすると、「たべ『た』」「よん『だ』」となり、語尾が清音(濁らない音)になったり、濁音になったりします。簡単に言うと、「ん」で終わる語幹の後には濁音、それ以外は清音にするというような規則に従って、日本語話者は無意識に使い分けているのです。私はこうした言葉の音の規則すなわち「音の文法」に着目し、話者の脳内でどのような現象が起きているのかを、大規模データの収集や実験などを通して研究しています。

音声データと言語データを分析し、
心理実験で検証する

音声の規則性を明らかにする前に、言葉の音そのものの特徴を知る必要があります。音声学実験では、言語音声がどのように発音され、どのように知覚されているのか、音響的にはどのような特徴があるのかなどを調べます。

また、コーパス研究では、自分の言語感覚に基づいて立てた仮説を、大量に集めたデータを用いて検証します。日本の苗字の規則性を研究した際には、インターネット上に存在する実在の苗字3000個程を収集し、分析しました。日本語には同じ音の連続を嫌うという法則があり、例えば「中川」のような苗字は、「なかかわ」ではなく「なかがわ」と濁音化しやすい傾向にあることが分かりました。

こうした法則が実際に人間の脳内で機能していることを証明するには、心理音韻論実験を行います。例えば、日本語話者が本当に同じ音の連続を嫌うのかを確かめるため、実在しない語句に「川」をつけた「せか川」などの苗字を用いて、被験者がどのように発音するか観察しました。やはり「せかかわ」よりも「せかがわ」が好まれる傾向にあり、話者の心理に同音回避の法則が存在することが明らかになりました。

ふとした疑問が、言語学の入り口

先に紹介した日本語の「音の文法」と同様の規則性が、実はインドネシア語やアフリカの言語にも見られます。遠く離れた国の言語に日本語と共通する規則があるのは不思議ですね。ここから考えられることは、人間の言語能力には共通性があるということ。つまり、日本語に対するふとした疑問から明らかにした規則性が、世界の言語の謎を解くカギになるということです。学生の皆さんにも、なんとなく感じた疑問から関心を深め、研究の第一歩を踏み出してほしいです。

教員一覧へ戻る

ページトップへ