こちらに共通ヘッダが追加されます。

在学生の方

社会調査士資格取得について

社会調査士資格には、「社会調査士」と「専門社会調査士」の2種類があります。これらは、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する「調査の専門家」のことです。同志社大学文化情報学部では、「社会調査士」資格取得のために必要な科目(社会調査協会・標準カリキュラムに準拠)を設置しています。

社会調査士取得のためのカリキュラム〔同志社大学文化情報学部 2009~2015年度生〕

文化情報学部設置科目名 配当年次
A  社会調査の基本的事項に関する科目 社会調査入門 1~
B  調査設計と実施方法に関する科目 社会調査法 2~
C  基本的な資料とデータの分析に関する科目 データサイエンス入門 1~
D  社会調査に必要な統計学に関する科目 データサイエンス基礎 1~
E  量的データ分析の方法に関する科目 定量的データ分析 または 定性的データ分析 2~
G  社会調査の実習を中心とする科目 社会調査演習 2~

※ Eに 定性的データ分析 が加わりました。

社会調査士取得のためのカリキュラム〔同志社大学文化情報学部 2005~2008年度生〕

文化情報学部設置科目名 配当年次
A  社会調査の基本的事項に関する科目 文化情報学 または 社会調査入門 1~
B  調査設計と実施方法に関する科目 社会調査法 2~
C  基本的な資料とデータの分析に関する科目 データサイエンス入門 1~
D  社会調査に必要な統計学に関する科目 データサイエンス基礎 1~
E  量的データ分析の方法に関する科目 定量的データ分析Ⅱ 2~
G  社会調査の実習を中心とする科目 文化情報学実験・演習Ⅲ(A) 3~

※ Aに 社会調査入門 が加わりました。

社会調査士 資格は、上記A~Gの6科目について単位修得をすれば、学部卒業時、申請により「社会調査士」の認定をうけることができます。
なお、大学在学中には、「社会調査士(取得見込み)」が申請することができます。

社会調査士(取得見込み)は、

  • (1) 在籍期間が2年以上〔=3年生以上が対象〕
  • (2) 上記A~Gのなかから3科目以上単位修得
  • (3) (2)の単位修得済み科目と申請年度履修中の科目との合計が5科目以上

であれば、申請ができます。取得見込みの申請をしようとする学生は、要件を満たすよう履修・登録に留意してください〔とくに3年生の登録時〕。なお、秋学期開講科目について、春学期の時点では、科目登録をしていれば、「履修中」とみなします。

社会調査協会のホームページも参考にしてください。
各資格申請の時期が来れば、掲示板等でお知らせします。

ページトップへ