こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員紹介

視覚表現研究室
下嶋 篤教授

下嶋 篤 教授

プロフィール

兵庫県明石市出身。1988年同志社大学文学研究科哲学専攻修士課程修了後、フルブライト奨学生として1990年に渡米。インディアナ大学視覚推論研究所に所属し、1996年には同大学哲学科博士課程修了。ATR知能映像通信研究所奨励研究員、北陸先端科学技術大学院大学助教授を経て同志社大学へ。2012~14年、米国・スタンフォード大学客員研究員。専門はグラフィック表現の機能分析。

グラフィック表現を科学的に分析

「図解」が重宝される理由とは?

最近、本屋などで「図解」という言葉が入った本をよく見かけませんか?難しい内容を図解で説明している本や、図解を使った説明やプレゼンテーションの方法を解説した本などです。こうした書籍が出版される背景には、「図にすると説明が分かりやすくなる」、あるいは、「図を描きながら考えると思考が進む」という前提があります。しかし、なぜ図解がこうした効果を持つかについては、科学的に解明されていません。私が生きている間に全てを明らかにできるかは分かりませんが、この疑問に対する答えの大枠だけでも見つけ出し、世の中に貢献するのが私の研究の目標です。

「表現」の持つ力を科学的に解明するために

この研究を始めたきっかけは、大学生の時に、ニーチェやカミュなどの本を読んだことです。彼らは素晴らしい文章力の持ち主で、自分の思想を非常に巧みな文章表現で展開し、私も当時大きな影響を受けました。しかし後になって、「同じ思想がもう少し下手な文章で表現されていたら、ここまで影響を受けただろうか」と疑問に思えてきました。そこで、科学的な手法を用いて文章表現そのものを研究してみたくなり、それからいくつかの挫折と僥倖を経て、文章表現ではなく地図やグラフ、絵などのグラフィック表現を研究するに至りました。

卒業研究では、“世の中のために学ぶ”経験を

2012~14年にスタンフォード大学のCSLI(言語・情報研究センター)という研究所で、図表現の効果についてこれまでの研究成果を本にまとめる作業を行いました。その過程で新たな疑問やアイデアもたくさん生まれ、現在、文化情報学部で行っている、新聞報道におけるグラフィックスの研究につながっています。

卒業研究の指導では、「学生巻き込み型」を計画中です。まずグラフィック表現の研究の現状を説明し、その上で、「この部分が分かっていないために行き詰まっている」「この点を何とか解明できないか」などの問題を学生に投げかけます。学生はその課題をしっかり分析し、どのような研究をすれば問題解決の一助となるかを自ら考えねばなりません。自分のためだけではなく、世の中のために頭を使って勉強するという経験をすること、それが卒業研究の最重要事項だと考えています。

教員一覧へ戻る

ページトップへ