こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員紹介

メディア情報学研究室
波多野 賢治教授

波多野 賢治 教授

プロフィール

1999年、神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究員、奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手、AT&T Labs-Research Visiting Researcher、同志社大学文化情報学部専任講師、准教授を経て、2015年より現職。専門はメディア情報学、データベースシステム。ビッグデータに象徴される高度情報化が加速する世の中で、「人々の役に立つ技術を自らの頭で思考し、生み出していくこと」をポリシーとして研究を進めている。

身近に潜むニーズを発掘しデータの力で実現する

「調理の難しさ」は測れるのか?

皆さんはパソコンやスマートフォンで料理のレシピを検索するとき、どんなキーワードを入力しますか。おそらく、作りたい料理の名前や、使いたい食材でしょう。これに加えて、「調理の難しさで探したい」など、調理の難易度でレシピを検索できると便利ではないでしょうか。

私の研究室では、複数ある既存のレシピデータを活用し、主観的であいまいな概念である「難しさ」に誰もが納得できる基準を設けることを試みました。最終的に有意な結果が出たのは、小学校から高校の調理師課程までで使われている家庭科の教科書。掲載された調理動作や単語などを洗い出したところ、各学年で頻出する調理動作に有効なばらつきを発見。これをもとに難易度の基準を設けることができました。検索者のニーズに適合した新たな基準を提示することが、技術的に可能になったと言えます。既存のデータを加工することで、データに新しい価値を加えることができた一例です。

大切なのは、意味ある情報を抜き出すこと

先述のレシピのような決まった範囲のデータを探しやすい状態へと加工する一方、「ビッグデータ」の研究も行っています。近年、注目を集めるビッグデータ。この大量で複雑なデータの塊の中に存在する関係性を見出すことで、価値あるデータ、すなわち情報が得られると考えられています。真の情報を抜き出せなければ、ビッグデータは単なるデータの蓄積に過ぎません。私の研究室では、大量かつ複雑なデータの中から人々が求める情報抽出とその管理、そしてそれらを利活用する仕組みの開発に取り組んでいます。情報を正しく使い続けていくことで、人々の生活は今後も豊かで便利になっていくはずです。

世の中の真のニーズは何か自分の頭で考え抜く

身近な生活に関わること全てを研究対象とするメディア情報学では、人々のニーズに合致したテーマを選ぶことが大変重要です。しかし、世の中が便利になるにつれて人々のニーズは多様化し、専門家だけでは今社会で起きている問題には気づけません。文化情報学部には社会現象に詳しい文系の先生と統計や情報の先生がおり、学際的な研究に取り組みやすい環境です。

大量のデータを簡単に入手できる時代だからこそ、何事も鵜呑みにせずしっかりと自分の頭で考え抜くことが必要不可欠だと私は考えます。学生たちにも社会と技術の両方の知見を生かし、自分なりの興味や視点から新しい価値を創り出してほしいと思います。

教員一覧へ戻る

ページトップへ