こちらに共通ヘッダが追加されます。

コース紹介

行動データ科学コース

人間の行動様式を文化と捉えて
定量的データに基づき分析・予測

人間の行動を研究対象とし、計量社会学・認知心理学をはじめとする行動科学の成果と方法を文化研究に応用します。文化を人間の選択する反復的行動様式と定義し、定量的なデータに基づいて客観的に記述。その上で、なぜ特定の行動様式が繁殖・持続するのかを説明し、新たな行動様式を予測・デザインします。

開講科目

前期課程

■ マルティメディア情報環境特論1
■ マルティメディア情報環境特論2
■ 未来学特論1
■ 未来学特論2
■ グラフィック表現研究法特論1

■ グラフィック表現研究法特論2
■ 計量社会学特論1
■ 計量社会学特論2
■ 認知システム研究法特論1
■ 認知システム研究法特論2

■ 身体表現文化研究法特論1
■ 身体表現文化研究法特論2
■ 認知モデリング特論

後期課程

■ マルティメディア情報環境深論1
■ マルティメディア情報環境深論2
■ 比較文化深論

■ 未来学深論
■ 計量社会学深論1
■ 計量社会学深論2

■ グラフィック表現学深論1
■ グラフィック表現学深論2


修了生の論文題目例

前期課程

・ 遊牧における寛容戦略の効用と進化
・ 日中芸能身体文化の比較 — 漫才と相声のマルチモーダル分析 —
・ 家族に対する心理的距離尺度の考案 — 東アジアにおける日本の位置づけ —
・ 探索行動に基づいた道具使用の認知メカニズム


後期課程

・ 音楽療法の全人的・統合的な働きとその多様な構成要素の相互関係の研究


教員紹介(研究課題例)

坂田 真己子

阪田 真己子教授

前期
[専門]

身体メディア論、身体文化論

[研究テーマ]

マルチモーダルインタラクションの動的構造

下嶋 篤

下嶋 篤教授

前期
後期
[専門]

認知科学、数論理学

[研究テーマ]

図表現の認知機能の論理学的・認知科学的研究

杉本 裕二

杉本 裕二教授

前期
後期
[専門]

ヴァーチャルリアリティ

[研究テーマ]

高臨場感表現手法特性の研究

杉尾 武志

杉尾 武志教授

前期
[専門]

認知科学、物体認識

[研究テーマ]

文化的行動の学習・制御メカニズム

田口 哲也

田口 哲也教授

前期
後期
[専門]

比較文化論

[研究テーマ]

トレンドの形成の計量分析
比較都市論

鄭 躍軍

鄭 躍軍教授

前期
後期
[専門]

計量社会学

[研究テーマ]

行動データの獲得方法の構築
文化・社会現象の計量的研究

ページトップへ